ビジネスで役立つ英語フレーズとは?あなたもこれを覚えてできる人に?

フレーズ

ビジネスシーンで英会話が必要なこともあると思います。

メールやプレゼンテーション、コミュニケーション全般など様々な面で英語は活用できます。

海外への営業であったり、海外との取引先との交渉などと言ったことでも必要となってくるでしょう。

グローバル社会の現代、英語は必要不可欠であり、

とくにビジネス英会話の需要は高まってきています。

その中でこれは覚えておくとおすすめと言ったビジネス英会話のフレーズをご紹介いたします。

是非ご覧ください。

ビジネスに使える英語の基本的なフレーズとは?

ビジネスに使える基本的なフレーズを見ていきましょう。

 

The pro is my English is good, but the con is my business Japanese needs work.
英語がうまくなったのは利点ですが、ビジネス日本語が課題なのは欠点ですね。

Is this a good time for you to talk?
今、お時間よろしいでしょうか。

Get to the point.
要点を言ってくれ。

Let me be sure I understand.
理解できているかどうか確認させてください。

I really appreciate your taking time to see me.
こちらこそ、今日はお時間を割いてくださり、ありがとうございます。

What day would suit you best?
いつがご都合よろしいですか。

When would you be available?
いつがご都合よろしいでしょうか。

We’re getting off track here.
話がそれていますよ。

For this job, you need to speak up in meetings and teleconferences.
この仕事では電話会議を含むすべての会議で発言が要求されます。

A specific objective must be stated up front.
具体的な目的は最初に述べることだ。

Let me summarize.
お話をまとめさせてください。

I am responsible for the Mojitsu account.
モジツウの取引を担当しています。

It’s a level playing field.
日本人スタッフと同じ条件なので公平ですよ。

Are you available on Tuesday?
火曜日は空いていますか。

I report to Mr. Tanaka, our managing director.
私の上司は取締役の田中です。

I have three items on my agenda.
お話しする項目は3つあります。

Does that answer your question?
これでお答えになっているでしょうか。

My key message is that 25% of our marketing budget should target engineers in Japan.
私が訴えたいのは、マーケティング予算の25パーセントを日本のエンジニア向けに割くということです。

I was wondering if you could join us.
参加していただけたらと思っているのですが。

I’m not sure I understand the problem. Could you explain in more detail?
どういうことでしょうか。もう少し詳しく話してくれますか。

I’m in charge of tracking sales. I also handle supply-chain management.
売上追跡を管理していて、サプライチェーン・マネジメントも僕が行っているよ。

That’s a good point, and I’m glad you brought it up.
それはいい点だ。そういった意見を出してくれると助かるよ。

There’s no upside to it.
そこにプラスの要素はない。

In closing, let me summarize briefly my key points.
最後に、要点を簡単にまとめさせてください。

We target reaching one million dollars.
百万ドルの売上を目標にしています。

Our current status is 25% of plan.
現時点における目標達成率は25パーセントです。

There’s no time like the present.
今が絶好のチャンスじゃないか。

It’s the least we can do.
それが私たちにできるせめてものことですから。

So, you’re sitting on the fence on this one?
では、君はこれについてどちらとも言えないということだね?

Enrique Torres at your service.
エンリケ・トーレスがご用件を承ります。

There are tens of millions of dollars in play.
数千万ドルの影響があります。

How about Thursday at 3?
木曜日の3時はいかがですか。

We are committed to quality in all aspects of our business.
我々は、業務のすべての面で高い品質を保つよう、真剣に取り組んでいます。

Could you keep Tuesday open?
火曜日を空けておいていただけますか。

We aim to acquire 500,000 new customers.
我々は新規に50万人の顧客を得ることを目指しています。

What is it exactly that you want me to do?
具体的には僕に何をしてほしいのかな。

Just so you know, though, I reviewed the presentation with her before the meeting.
でも、一応お伝えしますと、会議の前に私も彼女のプレゼン内容を確認したんです。

What exactly do you mean?
それは具体的にどういう意味でしょう?

It comes with the territory.
彼の仕事にはそれがつきものだよ。

Wednesday would suit me best.
水曜日だとありがたいです。

Yes, for the next project, I have decided to delegate the whole project to your team.
そうだ、次のプロジェクトに関して、君のチームにプロジェクト全体を任せたいと思っている。

Wednesday works for me.
水曜日でかまいません。/ 水曜日で結構です。

This graph shows the relationship between our marketing campaign budget and product sales.
このグラフは、私たちのマーケティングキャンペーンの予算と、製品売上の関係を示しています。

DF Company undertook all the construction work.
DF社がすべての建築作業を請け負ってくれました。

I’ve covered the Japanese market. Now, let’s move on to the key success factors for our product.
日本市場については以上です。では、この製品が成功する要因に進みましょう。

Let’s clear up any misunderstandings.
誤解があれば、解消しておきましょう。

I’m fully booked next week.
来週は身動きが取れないのです。

Can I just say something?
ちょっとひと言いいですか。

I think I get your drift.
大まかにだけど、あなたの言っていることはわかったと思う。

I don’t see much of that happening here.
ここでは、それがあまり見受けられませんが。

引用 https://gogakuru.com/english/phrase/keyword/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9.html?perPage=50

このようにたくさんあることが分かりますね。

まだまだ、数多くのビジネスフレーズがありますが、

基本的に覚えておくと便利なものを今回は集めてみました。

ぜひ実際に使ってみてくださいね!

ビジネス英語のフレーズを身に着けられる人気ナンバーワン英会話スクールを紹介

ビジネス英語のフレーズを実際に役立てるためには、何度も繰り返しアウトプットするのが一番効率がいいでしょう。

ビジネス英語を覚えておけば必ず役に立つことです。

 

しかし実際に実践するとなると難しいところですよね。

 

そこでお勧めの実際に英会話スクールで学んでみることがもっとも効率よくビジネス英語をマスターする近道でしょう。

 

ネットの口コミなどでも評価が高く、テレビCMなどでも話題になっている有名なスクールがこちらです。

 

『ECC外語学院』

『ECC外語学院』は老舗であり、長年の英会話スクールとしての実績があるために人気の塾です。

英会話を学ぶスクールとしてはとても敷居が低く学びやすいのが特徴です。

もちろん、ビジネス英会話のコースもあり、あなたも安心して学べるのでぴったりです。

 

しかし、『ECC外語学院』に通ったからと言って必ずしもビジネス英会話をマスターできるわけではありません。

また、グループレッスンのために個々のフォローが完璧になされているかと言ったら一概には言えないのです。

それでも、グループレッスンだからこそ仲間ができるといった長所もあるとは思います。

 

ただ一つ問題があるとすれば、値段が高いんですよね・・・
グループレッスンは1か月あたり16,293円~21,733円なので、週1回40分で換算すると2000円~3000円ぐらいなのですが、プライベートのマンツーマンレッスンですと、大幅に価格が上がり、1日40分当たりで換算すると、8000円~9000円になります。

 

マンツーマンで受けれればかなり効率が良くしっかりと生べるのですが、
『ECC外語学院』は1日40分で8000円~9000円もするのですね。

 

一般的に高額の英会話スクールと言われているスクールの約2倍の値段です。

 

グループレッスンも安いですが、マンツーマンの方が効率よく学べます。

 

しかし、マンツーマンで40分8000円~ですと迷ってしまうかもしれません。

 

そこで最もコスパの良いマンツーマンの英会話スクールを紹介します。

ビジネス英語のフレーズを学び、最も効率よく英会話を身に着けるにはトライズが一番!

イングリッシュブートキャンプ 口コミ

トライズのようなマンツーマンの英会話スクールって高額のイメージがありますよね。

 

たしかに、ビジネス英会話を学ぶためにマンツーマンの英会話スクールに申し込むのも考え物だと思います。

 

しかし、今回私が紹介する英会話スクールはなんと1日当たりに換算すると、

普通のマンツーマンの英語塾の半額ぐらい安いのです。

英語の学習時間も他のスクールと比べ者にもなりませんからね。

 

以下をご覧ください・・・

スクール レッスン費用
RIZAP ENGLISH 5,000円(1回・・・オンラインレッスンも含む)
ロゼッタ・ストーン 4,000円~6,000円(1回)
GABA 5,000円〜7,000円(1レッスン)
トライズ 3,000円(1レッスンオンラインレッスンも含む)
COCO塾 7,660円〜8,932円(1レッスン)
ベルリッツ 6,000円〜8,000円(1レッスン)
イングリッシュブートキャンプ 3,300円(1レッスン40分)

この中で、注目していただきたいのはRIZAP ENGLISHやトライズなどはマンツーマンで学べるということです。

さらにオンラインでも学べます。それでいて、この料金はかなりコスパがいいと思いませんか?

 

さらにオンラインでのフォローサポートがあります。

 

そんなマンツーマンで優れている英会話スクールがこちら↓

『トライズ』

トライズの営業時間

おしゃれな空間で、行くのが楽しくなりそうなそんな英会話スクールです。

もちろん、オンラインで自宅でも学べます。

 

なぜ、トライズのマンツーマンの料金のコスパがいいかと言いますと、

1年かけてじっくり学ぶからです。

 

トライズは返金保証制度や分割払い制度もあるために大変お勧めします。

是非参考にしてみてくださいね。

 

ビジネスで役立つ英語フレーズをトライズで学ぶ!

タイトルとURLをコピーしました